採用支援を受けるまでの基本的な手順

一般的な日本企業では毎年12月頃に新卒者を対象とした採用のための選考活動を開始します。翌年の3月には求人の応募が本格化し、8月頃には多くの会社で面接などの選考本番が行われます。内定が決定するのは10月頃からです。各企業によって選考活動の時期は差がありますが、ほぼ1年間という長い時間をかけて選考活動を行うという点では共通しています。また就活生も企業による選考活動が始まる前から企業研究や業界研究など準備をすることが求められます。企業が効率的な選考活動を行うには外部専門家の支援が不可欠です。企業の人材採用をサポートする専門家にはコンサルティング会社とアウトソーシング会社が存在し、その両方の業務を行っている会社もあります。コンサルティングはアドバイスを行いアウトソーシングは選考活動を代行します。

人材選考のサポートを受ける必要性とは

コンサルティング会社やアウトソーシング会社にはそれぞれ得意とする支援分野が違います。例えば新卒者の選考が得意な場合もあれば、中途での登用を得意とする場合も存在します。また資格など特殊な能力を必要とする場合や、外国人の人材登用を得意とする会社もあります。日本企業の多くが新卒者を一括して登用するのは、将来性のある人材を確保して企業を継続的に発展させること目標としているためです。新卒者には基礎的な能力だけではなく、将来の成長性が必要となります。一方で中途採用の場合には即戦力としての高度な能力が期待されます。どのような人材を求めるかによって選考戦略や基準などに大きな違いがあります。また多数の求人を募集する場合には選考活動のために多くの人的資源が必要です。効率的な選考活動には、経験とノウハウを持つ専門家の支援が求められます。

実際にサポートを受ける際の注意点

企業が実際に専門家からサポートを受ける場合には、過去の採用実績などに注意することが必要となります。具体的には同種・同規模の企業について、同じような依頼を受けた経験があるかどうかを確認しなければなりません。また実際に登用した人材の就職後の定着率も重要事項です。多くの日本企業では人材の将来性を期待して新卒者の一括登用を行います。より長く企業に在籍し実務経験を積んで能力を開花させることが、企業の継続的な発展には不可欠です。そのため支援を受けて新規に登用した人材の定着率の高さは、サポート会社を選定する際の基準となります。企業が人材の選考に費やすことができる時間と人的資源には限度が存在します。コンサルティングやアウトソーシングのような外部の専門家からサポートを受けることで、より効率的に選考活動を行い優秀な人材を確保することができます。