人材採用の支援を受けるにあたってかかる費用

企業が新たに人材を採用するには、大学などの学校を新規に卒業した者から一括して登用する場合と即戦力となる人材を中途で登用する場合があります。日本企業の多くは前者が多く、海外では後者が一般的です。それぞれ選考活動を行うためのプロセスや選考基準などに違いが存在します。効率的に優秀な人材を登用するためには経験とノウハウの蓄積が必要です。企業が自ら選考を行う場合、多数の求職者が提出するエントリーシートや履歴書などに対処し、面接などのスケジュールを調整しなければなりません。一方外部の専門家の支援により選考活動を効率化することが可能です。人材採用をサポートする専門家は主にアドバイスを行うコンサルティングと、企業に代わって選考活動を行うアウトソーシングがあります。

人材の選考をサポートするサービスとは

コンサルティングは企業が人材の選考を行うにあたって様々なアドバイスを行います。その支援の内容は大きく選考戦略の策定と実際の選考活動に関するアドバイスに大別されます。企業が求める人材を確保するためには、まず選考戦略を練ることが必要です。選考戦略を策定するためには、企業とコンサルティングのコミュニケーションが十分に行われる必要があります。コンサルティングは企業の経営戦略と必要とされる人材像から、選考のプロセスや選考基準などを具体的に決定します。その後は説明会のような各種イベントの企画や面接官の教育などにより実際の採用に向けたサポートが行われます。多数の人材を募集する場合には、企業が自ら選考活動を行うよりも専門家であるアウトソーシングの支援を受ける方が効率的です。コンサルティングとアウトソーシングのどちらを選ぶかは、各企業の置かれた状況により異なります。

サポートを受けるための費用と効果について

人材の採用を行うためのサポートにかかる費用はコンサルティングとアウトソーシングで違います。またそれぞれ会社によって設定されている料金に違いが存在します。コンサルティングの場合には月ごとに契約を行う場合と、6か月以上の一定期間契約を行う場合があります。アウトソーシングでは依頼する仕事の内容がパッケージ化されているのが一般的です。例えば求人広告への掲載から面接設定までを代行し面接自体は企業が自ら行うプランや、面接から合否の通知までを含めて代行するプランなど様々です。時期や支援内容によって料金が変動する場合も存在します。コンサルティングやアウトソーシングにサポートを依頼する場合には、その会社の過去の実績や得意分野について確認する必要があります。新卒と中途では求められる人材像や選考の基準などに違いが出てきます。費用だけでなく実績などもサポートを依頼する際の重要な判断基準です。