アルバイトやパートを採用する際の支援内容

アルバイトやパート社員が入社するまでの大きな流れとしては以下の通りです。1.会社の欠員に合った求人活動2.試験、面接など応募者の選考活動3.合格者の入社までのフォロー 1の過程は、求人媒体の選考とその量などを決定します。求人媒体の内容が応募者の質を左右すると言っても過言ではありませんので、媒体の文面等を「考える」作業が必要になります。求人媒体のする相手先との対応も勿論発生します。 2の過程は、「捌く」作業が必要です。応募者からの電話やメールへの対応、履歴書の読込みと書類審査を通った応募者への試験や面接の設定です。 3の過程は、「心遣い」が特に必要とされます。試験に合格したとはいえ、合格者の入社が確定する訳ではありません。入社までのきめ細かいフォローが必要になります。以上をご覧になっただけでも、溜息が出るご担当者様がいらっしゃるのではないでしょうか。アルバイトやパートが入社するまでには膨大な時間と手間、そしてコストがかかります。そのコストパフォーマンスをより良くするため、採用支援サービスがあります。サービスの対象は主に1と2の過程です。 

アルバイト、パートの数が足りませんと感じていませんか

人口減少社会、少子高齢社会では労働人口も減少しています。政府統計局の最新の労働力調査では、労働力人口比率は実に6割を下回り、10年前に比べると70万万人減少しています。これはアルバイト、パートの成り手が減っているということになります。いうなれば応募者優位な状況です。そのため、アルバイトやパートの時給額は毎年上昇しており、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によれば、平成28年のアルバイト、パート労働者の時給平均額は過去最高を記録しています。企業にとっては人件費が上がっている状況です。しかしアルバイト、パートは正社員に比べて入社、退社の入れ替わりが多いことも事実です。そのためアルバイト、パートの入社までの過程は、より効率的かつ効果的に行う必要が出てきます。

採用支援サービスの導入で、効率的な事業活動を

アルバイト、パートの採用支援サービスでは顧客の求めによって様々なサービス内容を各社用意していますが、主にメイン業務として行っているのは、1求人活動のサポート2応募者の選考活動サポート(一次スクリーニングなど)です。1では求人広告の内容、掲載先とその量などをサポートします。2では応募者からの電話やメールへの対応、届いた履歴書や職務経歴書などの読込とスクリーニング、一次面接までの取り次ぎ、または一次面接そのものを代行する場合もあります。アルバイトやパートは事業活動を行う上で必要不可欠ですが、その採用活動に割く時間やコストに本来の事業活動が圧迫されるようなことになっては本末転倒です。上記サービスを導入することで、より効率的効果的な活動を行うことが出来るでしょう。