中小企業が採用支援を受けるメリットとデメリット

採用支援とは企業が有能な人材を確保するために活用するサービスです。大きな企業では人事部門が分かれることもあり、統括的に管理する必要があります。一方で中小企業の場合には大きな企業とは異なる利用方法となります。まず人材募集を常時行うわけではないので、そのノウハウが蓄積されることがありません。そこでこのようなサービスを利用することで、直接的に恩恵を受けることができます。その一方でサービスを利用し続ける以上はそのノウハウが社内に蓄積されることがありません。本当に会社で必要とする人材を確保するために、外部サービスが完璧にカバーできるわけではない点も課題として残ります。そのような点を踏まえて、必要とする人材を確保するためのサービスを利用することが必要になります。

採用支援サービスを受けることのメリットとは

中小企業が人材確保のためのサービスを受けるメリットは、専門的なノウハウを蓄積した業者によって必要とする人材を見分けることができることがあります。多くの企業では、実はどんな人材を集めれば良いのかもわからないものです。即戦力を必要とするのか、それとも長く教育できるような素材となる人材なのか、といったことです。専門のサービスを利用することで、中小企業の業績を高めるという目的を叶えるための人材を見つけることができます。どのような経歴を持っているのか、どんなスキルを持っているのかを定めた上で、それに合致する人材を探せば良いわけです。このように効率的に必要とする人材を確保できるようになるのが、大きなメリットと言えます。また会社にとって必要な人材とはどのようなものかを判断してもらうこともできます。

支援サービスを受けることによるデメリットとは

人材採用のためのサービスを利用するデメリットは、社内に人材確保のためのノウハウが蓄積されないということです。これは人件費削減のための代行サービスを利用する上では避けられない課題ですが、人事担当が必要とするノウハウを備えることができなくなります。そのために、会社にとって必要となる人材がどのようなものか、そしてそのような人材はどんなスキルを持っているのかを知ることができなくなります。また支援サービスも会社が必要とする人材像を明確に定めるわけではありません。そこにある程度のミスマッチがあるために、本当に必要とする人材を確保できなくなる場合があります。そのためには、ある程度の採用活用を自社で行うことも必要と言えます。そのために上手くサービスを活用することが大切です。

長年の人材ビジネスの経験によりアルバイト採用や中途採用、FCオーナーまで支援範囲は多岐に渡ります! 主婦やシニア世代の求職者が重視している勤務地の情報をみることができるサービスがあります。近所の求人を検索できるシステムです。 出稿のコストの削減が可能です。 ポイントと電子マネー付与による成功報酬型の人材採用サービスで求人媒体のコストを削減することができます! 採用支援のことならHRソリューションズにご相談ください